「第31回全日本カブト虫相撲大会」が19日、太良町大浦の佐賀西部コロニー(村井公道理事長)で開かれた。県内外の小学生と園児179人が、手塩に掛けて育てたカブトムシが参戦。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加