「山本鼎版画大賞展」サクラクレパス賞受賞作『Note』とKeikoさん

 「カダケスの小さな版画展」が13日から唐津市町田のムローメアートショールームで開かれる。和多田在住の版画家Keikoさん(73)の作品40点を展示する。

 カダケスはスペイン北東部、地中海沿岸の保養地。そこで41回を数える国際ミニプリント(10センチ四方以内)展は45カ国以上から応募がある人気の公募展で、Keikoさんは2007年から毎年出品するファイナリスト経験者である。

 国内の版画展での受賞や入選も多数あり、受賞作も含む今回の版画展で「Keikoワールド」を楽しんでほしい。彫金作家中嶋朋子さんの「銀のアートジュエリー展」も同時開催。30日まで。(地域リポーター・古川ゆかり=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加