記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=12日午後、東京都港区

 ソフトバンクグループのロゴ

 ソフトバンクグループ(SBG)が12日発表した2021年3月期の連結純利益は4兆9879億円となり、日本企業の歴代最高を更新した。従来の最高はトヨタ自動車が18年3月期に記録した2兆4939億円。世界的な株高を追い風に投資事業が好調で、米グーグルの持ち株会社アルファベットが20年12月期に稼いだ402億6900万ドル(約4兆3千億円)を上回るなど、米巨大IT企業の「GAFA」に匹敵する利益水準となった。

 SBGは投資会社の性格を強める。9615億円の巨額赤字を計上した前期から一転し、保有するIT関連企業の株式の評価益が膨らんだことなどが最高益に寄与した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加