生活保護減額訴訟の判決で福岡地裁は、基準額引き下げが「憲法に違反する状態ではない」と判断した。

このエントリーをはてなブックマークに追加