全九州高校体育大会は20日、鹿児島市鴨池公園水泳プールなどで水泳の最終日があり、男子飛び板飛び込みで野口基勝(佐賀商)が527・35点で優勝し、全国大会出場を決めた。 競泳の県勢は男子800メートルリレーの佐賀商が7分44秒39で2位に入った。