新型コロナウイルスへの対応を協議する九州知事会のウェブ会議で「九州全体として対抗措置を打つ時期」と述べた佐賀県の山口祥義知事(左)=県庁

 九州と山口、沖縄の9県でつくる九州地方知事会は11日、新型コロナウイルスへの対応を協議する臨時のウェブ会議を開いた。感染力が強いとされる変異株への置き換わりを背景に、各県の感染状況が悪化していると捉え、各県民に県境をまたぐ移動を5月末まで自粛するように求める共同宣言をまとめた。

 4月28日にまとめた「九州・山口まん延防止宣言」を見直した。県境をまたぐ移動は「慎重に判断を」としてきたが、感染地域が広がり、緊急事態宣言の対象地域に福岡県が追加されたことも踏まえ、「自粛を」と表現を強めた。外出や会食時の注意を引き続き促し、マスク着用など感染防止策の徹底に関しては「今一段の厳しい覚悟を持ってこれまで以上に徹底を」という文言を加えた。

 会議は冒頭だけ公開された。各知事からは大型連休中の帰省など県境を越えた行動による感染事例が報告され「変異株の影響でこれまでの対策が通用しなくなった」との意見が出た。

 佐賀県の山口祥義知事は「九州全域に感染が広がっており、九州全体として対抗措置を打つ時期だ」と強調し、他の知事も「足並みをそろえた対策が必要」と訴えた。(円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加