県道多久・若木線の女山トンネルの工事現場見学会が19日、多久市西多久町側で開かれた。地域住民約170人が構内に入り、最新技術で掘り進められている現状に見入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加