多久市の臨時議会は11日、新議長に野北悟氏(57)=4期、北多久町、写真右=を、副議長に田渕厚氏(70)=3期、東多久町、同左=をそれぞれ選出した。いずれも初の就任で、任期は2023年4月29日まで。

 市議会は2年ごとに正副議長を選出することを申し合わせている。議長選は野北氏だけが立候補し、出席議員の全13票を獲得した。副議長選も田渕氏以外に立候補者はいなかった。

 議会選出の監査委員に中島慶子氏(73)を選任し、委員会の構成を決めた。新型コロナウイルスのワクチン接種の経費などを盛り込んだ8480万7千円の本年度一般会計補正予算の専決処分など4議案を可決、承認して閉会した。(谷口大輔)

 各委員会の委員長(◎)と副委員長(○)は次の通り。(敬称略)

 総務文教=◎中島國孝○古賀公彦▽産業厚生=◎鷲﨑義彦○田中英行▽議会運営=◎香月正則○樺島永二郎▽議会広報=◎樺島永二郎○鷲﨑義彦

このエントリーをはてなブックマークに追加