JA杯佐賀新聞学童オリンピック大会が、9日の卓球競技を皮切りに開幕した。前年度は新型コロナウイルスの影響で各競技の中止や延期が相次ぎ、本年度も総合開会式は行われなかった。卓球競技では密集を防ぐため、選手以外の入場を制限。定期的に体育館内の換気を行い、試合球や卓球台のこまめな消毒など感染予防を徹底した。とはいえ、県内の新規感染者数が2日連続で過去最多となる中での開催で、関係者は「他にもできる対策はないだろうか」と悩みを口にしていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加