【ワシントン共同】バイデン米大統領は10日、ロシアのハッカー集団が関与した米石油製品パイプラインへのサイバー攻撃で「ロシア政府にも対処する一定の責任がある」と指摘し、6月で調整する米ロ首脳会談で協議したい意向を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加