サッカーでは、規定の時間が過ぎた後に「アディショナルタイム」がある。アディショナルは「追加の、さらに」などの意味で、プレーが中断した分の数分間が追加される。以前は「ロスタイム」と呼ばれていた◆どちらも延びる時間としては同じだが、ロスタイムには無駄に失った時間のような印象がある。追加と喪失では受け止めは異なり、やはり追加の方が前向きになれそうな気がする◆新型コロナの感染拡大で東京や大阪などに発令されている緊急事態宣言が延長され、新たに福岡、愛知も加わる。当初の期限はきょう11日までだったが、感染者は高止まりの状態。変異株の影響といわれるが、大型連休も外出を控えた人たちはやるせないだろう◆「短期集中」での感染抑制を狙っていた菅義偉首相は「人出は減った」と強調する。いたずらに時間を失ったと思いたくないのは同じだが、もうひと頑張りの追加で効果は表れるのか。前向きになるにはワクチン接種の促進や医療体制の拡充など、対策強化も欠かせない◆スポーツでは、延長戦で先に失点したら負けとなるサドンデス方式がある。サドンデスは直訳すると「突然死」。コロナ対策では絶対に避けなければならない。アディショナルタイム中に感染を抑え、1分、1秒でも早くコロナへの勝利を。チーム日本の底力が試される。(知)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加