【ワシントン共同】米石油製品パイプラインがサイバー攻撃を受け操業停止した問題で、連邦捜査局(FBI)は10日の声明で「ダークサイド」と呼ばれるロシアのハッカー集団が犯行に関与していることを確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加