掲揚された「えつのぼり」=佐賀市諸富町と福岡県大川市を結ぶ昇開橋

「えつのぼり神事」の様子=佐賀市諸富町の道の駅ドロンパ

 エツ料理を提供する佐賀市南部の飲食店などでつくる「佐賀市もろどみin食の会」は7日、同市諸富町と福岡県大川市を結ぶ筑後川昇開橋周辺で神事を行い、エツの豊漁を祈願した。エツは有明海にだけ生息する魚で、漁の解禁期間に合わせてエツに見立てた「えつのぼり」も橋に掲揚する。

 神事には関係者ら12人が出席し、同会の津田良雄会長(69)は「エツの魅力を食べたことのない人にも伝えていきたい」と話した。「えつのぼり」は3匹で、最大で全長5メートルある。7月20日まで掲揚する。

 6月6日には「えつ銀色まつり」が橋の駅ドロンパで開催され、弁当やすしなど多彩なエツ料理を販売する。問い合わせは同会、0952(47)2590。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加