佐賀バルーナーズ―茨城ロボッツ チーム最多19得点を挙げた佐賀バルーナーズのマルコス・マタ=茨城県のアダストリアみとアリーナ((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子・Bリーグ1部(B1)昇格を懸けた同2部(B2)のプレーオフ第3日は9日、茨城県のアダストリアみとアリーナなどであった。西地区3位の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は東地区2位の茨城ロボッツとの準々決勝第2戦に臨み、79―86で敗れ来季からのB1昇格はならなかった。

 佐賀バルーナーズは第1クオーターを16―21で終えると、第2クオーターはSFマルコス・マタが8得点を挙げ、32―35と追い上げた。

 第3クオーターは一時1点差まで詰め寄ったが、終盤に10連続失点して49―61と突き放された。最終第4クオーターは、マタやPG澁田怜音を中心に攻め込んだが、逆転はできなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加