彫刻家諸井謙司さんによるブロンズ像「こころは旅へ」=佐賀市の佐賀県立図書館

彫刻家諸井謙司さんとブロンズ像「こころは旅へ」=佐賀市の佐賀県立図書館

諸井謙司さんが制作した少女像の除幕を行う関係者ら=佐賀市の佐賀県立図書館

 彫刻家諸井謙司さん(33)=佐賀市=の作品のブロンズ像「こころは旅へ」が、同市の佐賀県立図書館に設置された。8日に関係者約40人が出席して除幕式を行い、本を抱いた少女の像が紹介された。

 ブロンズ像は高さ約2・2メートル(台座含む)で、同館1階の北入口前に設けられた。佐賀北高卒業生などがつくる「諸井謙司さんを応援する会」(大串高志会長)が同館に寄贈した。

 除幕式で諸井さんや山口祥義県知事、同市の保育園ひなた村自然塾の園児らが幕に取り付けられたロープを引き、ブロンズ像が披露された。諸井さんは「本にはそれぞれに一つの世界がある。その温かさやはかなさを感じ取り、思いをはせている少女の像を作った」と説明しつつ、「誰かの頭を通って書かれた活字を読む行為には、きっと得るものがある」と読書に対する思いを語った。

 諸井さんは佐賀北高芸術コースから熊本県の崇城大学に進み、芸術研究科修士課程を修了。2017年の佐賀美術協展100回記念大賞など多くの賞を受賞し、神奈川県の岡田美術館にも作品が収蔵されている。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加