伊万里市に1千万円を寄付し、深浦弘信市長(左)に目録を手渡す松尾勝馬さん=市役所

伊万里市に1000万円を寄付し、深浦弘信市長(右)から感謝状を受け取る松尾勝馬さん=市役所

 伊万里市黒川町の肉牛農家で飲食店も営む松尾勝馬さん(73)がこのほど、農業の振興に役立ててもらおうと市に1千万円を寄付した。2018年から毎年同額の寄付を続け、総額4千万円になった。

 松尾さんは市内の牧場で和牛2200頭を飼育し、家族がレストランや焼き肉店を経営している。寄付は地域への恩返しとして始め、10年続けることを目標にしている。

 贈呈式が市役所であり、深浦弘信市長は「寄付以外にもコロナ対応にあたる医療関係者への弁当の差し入れなど、多方面で支援していただき感謝している」と述べた。松尾さんは「コロナの経営への影響は一進一退で見通しも不透明だが、寄付は続けていきたい」と話した。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加