佐賀県での聖火リレーが始まり、海中鳥居前でトーチに点火する第一走者の坂口理恵子さん(右)=9日午前9時、太良町

聖火リレーの様子はインターネットでライブ中継されています。沿道の密集を避けるため、なるだけライブ中継をご覧ください。

 東京五輪の聖火リレーが9日、佐賀県内で始まった。午前9時に藤津郡太良町の大魚神社海中鳥居前をスタート。ランナーは、佐賀市出身の吉岡徳仁さんがデザインしたトーチを手に、同町から鹿島市、嬉野市、杵島郡白石町、武雄市、西松浦郡有田町、伊万里市、東松浦郡玄海町を通り、唐津市のゴールへ向かう。

 聖火リレーは10日も行われる。

【関連記事】

聖火リレー9日午前9時、太良町スタートランナー 180人つなぐ 

<東京五輪聖火リレー>聖火つなぐ177人 1日目(5月9日) 太良町/鹿島市/嬉野市/白石町/武雄市/有田町/伊万里市/玄海町/唐津市

<東京五輪聖火リレー>聖火つなぐ177人 2日目(5月10日) 基山町/鳥栖市/みやき町/吉野ヶ里町・神埼市/上峰町/小城市/多久市/大町町・江北町/佐賀市

このエントリーをはてなブックマークに追加