茨城の多彩な攻めにほんろうされた。佐賀バルーナーズは立ち上がりから攻撃の主導権を奪われ、B1昇格を懸けたプレーオフ初戦を8点差で落とした。SF井上諒汰主将は「相手の動きに対応できず、チャンスをつくられてしまった」と悔しさをにじませた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加