詩人竹内てるよさん(1904~2001年)の生涯は悲哀に満ちている。病弱で結婚後に脊椎カリエスを患う。男児を授かったが、病気をうつさぬように、生まれてすぐ里子に出された。てるよさんは息子との再会を果たそうと、病床で再起を決意する◆離縁されて婚家を出た後、詩を作って暮らしを立てた。そして、生き別れてから25年後、罪を犯して服役中だったわが子と再会を果たす。だが、幸せな暮らしは長く続かなかった。更生を誓った子どもは再び罪を犯し、出所後、がんに侵されて急逝。運命というには、あまりにも切ない◆それでも、善も悪も全て包み込むような「母の愛」は強く、美しい。〈生れて何も知らぬ吾子(あこ)の顔に/母よ 絶望の涙をおとすな/その頰は赤く小さく/今はただ一つのはたんきやうにすぎなくとも/いつ人類のための戦ひに/燃えて輝かないといふことがあらう/生れて何も知らぬ吾子の顔に/母よ 悲しみの涙をおとすな〉◆「頰」という詩で編まれた言葉。今、悲惨な現実に苦しむ子どもがいたとしても、未来は絶望ばかりではないはず。子どもたちの可能性を信じようという、てるよさんの「母」としての願いに思える◆きょう9日は「母の日」。母の悲しみの涙がいつか喜びの涙に変わるよう、子どもたちよ頑張ろう。最高の贈り物かもしれない。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加