佐賀バルーナーズ―茨城ロボッツ 第3クオーター、シュートを決める佐賀バルーナーズの相馬卓弥=茨城県のアダストリアみとアリーナ((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子1部(B1)昇格を懸けた同2部(B2)のプレーオフ第2日は8日、茨城県のアダストリアみとアリーナなどであり、西地区3位の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は、東地区2位の茨城ロボッツと準々決勝第1戦で対戦し、93―101で敗れた。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター終盤に10連続失点を喫して19―28とリードされた。第2クオーターは接戦となったが、42―53の9点差で折り返し。第3クオーターはSG相馬卓弥が13得点を挙げる活躍を見せたが、70―81と点差は縮められず、最終第4クオーターでも逆転できなかった。

 POは2戦先勝トーナメント方式で、佐賀バルーナーズは第3日の9日、同会場で茨城ロボッツと準々決勝第2戦に臨む。

このエントリーをはてなブックマークに追加