3月に取材した日本語学校の卒業式が印象深かった。式辞もあいさつも通り一遍ではなく、学校側も学生も日々、真剣勝負している様子が伝わってきた。 式辞で校長が心から贈った言葉は「よく耐えました」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加