日本サッカー協会は7日、U-16日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーを発表し、サガン鳥栖U-18所属の小池朝陽(15)と北島郁哉(15)、林奏太朗(15)、森一琉(15)の4人が選ばれた。10日から4日間、静岡県で行われる合宿に参加する。

 4人はクラブを通じ、「自分の武器を存分に発揮して成長したい」などと意気込みを語っている。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加