くす玉を割って公民館の開館を祝う千代田中部小の児童や松本茂幸神埼市長(右)=神埼市千代田交流センター

開館を祝う松本茂幸神埼市長(中央)と千代田中部小の児童ら=神埼市千代田交流センター

 神埼市千代田交流センターで6日、公民館と図書館のオープンを祝うセレモニーがあった。千代田中部小の児童や読み語りボランティアグループのメンバーら住民が参加し、地域交流の場になることへの期待を込めた。

 セレモニーでは児童が松本茂幸市長らとくす玉を割って祝福した。スペースが約4倍になった図書館を見学し、「広くなった」「あの本はどこにあるかな」と楽しんでいた。担当者は「子どもの笑顔が見れてうれしい。新しいシンボルとして本好きが集まってもらえれば」と話した。

 センターは旧千代田支所で、議会と教育委員会が市の新庁舎に移ったのを受けて空きスペースを活用するなどして公民館を新設、図書館を増築した。公民館は午前9時~午後10時(日曜日は午後5時まで、祝日は休館)、図書館は午前9時半~午後6時(火曜日、祝日は休館)に開館する。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加