4回DeNA無死満塁、宮崎が中前に逆転2点打を放つ=横浜

 DeNAが14安打12得点。6―6と追い付かれた直後の七回、オースティンのソロに、宮崎と嶺井が続けてタイムリー二塁打を放つなどして5点勝ち越した。6番手の三上が3年ぶりの白星。阪神は救援陣が振るわず、4連勝でストップ。

このエントリーをはてなブックマークに追加