新型コロナウイルス流行が沈静化し、人出が戻り始めた米ニューヨーク市のタイムズスクエア=4月(共同)

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市のデブラシオ市長は6日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大で低迷する観光業を再建するため、市外から訪れる観光客にワクチンを接種する観光誘致策を発表した。「ニューヨーク州の承認が得られ次第、今週末にも開始する」としたが、州が承認するかは不透明だ。

 タイムズスクエアやセントラルパークなどの観光名所に移動接種施設を設け、1回接種で済む米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチンを使用する。デブラシオ氏は「観光客を取り戻すキャンペーン」であり、観光客に向けた「前向きなメッセージになる」と訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加