佐賀県内の保健福祉事務所に2020年度に収容され、致死処分(殺処分を含む)された犬は30匹、猫は164匹で、過去10年で最も少なかった。県生活衛生課は、動物愛護管理法改正で引き取り数が減ったことや、譲渡や飼い主の元に戻る割合が上がっていることが要因とみている。

 同課のまとめによると、20年度に捕獲や引き取りで収容された犬は前年度比54匹減の230匹。3年連続で減少した。うち致死処分は34匹減の30匹で2年ぶりに減少。譲渡は39匹減の85匹で3年連続減、返還は4匹増の114匹だった。

 猫の収容は2年ぶりに減り、169匹減の271匹。致死処分も2年ぶりに減って143匹減の164匹。譲渡は9匹増の123匹と2年連続で増え、返還は1匹増え2匹だった。猫の致死処分が多いのは、収容する多くが生後間もない子猫で、3時間ごとの授乳や排便の促しができずに死に至る場合が多いという。

 猫でほぼ半減するなど致死処分が減ったことについて県生活衛生課は「19年度の法改正で所有者不明の犬や猫の引き取りが拒否できるようになったことなどで収容数がかなり減った。一方、譲渡や返還される数は変わらず、割合が高まっていることが要因ではないか」とみる。

 福岡市は猫の殺処分を減らす取り組みとして16年度から、授乳期の子猫をボランティアが一時預かる「ミルクボランティア制度」を導入している。一時預かりの後は動物病院が引き取って譲渡を仲介する仕組みもあり、19年度から病気や事故などやむを得ない場合を除いて“殺処分実質ゼロ”を達成している。

 武雄市にある県犬猫譲渡センターの20年度の来館者数は前年度比1185人減の1939人。新型コロナウイルスで完全予約制にしたことで、2015年3月の開設以降、年間来館者数が初めて2千人を下回った。センターでの犬の譲渡は前年度比40匹減の68匹、猫は12匹減の93匹と、いずれも減少した。

 県生活衛生課は「猫を避妊・去勢してきちんと餌をやる『地域猫活動』も広がりをみせている。正しい飼い方のガイドラインの周知を図りながら、人と動物の調和のとれた社会を目指したい」と話す。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加