決勝・諸富―香楠 サヨナラ適時打を放ち、仲間と抱き合って喜ぶ香楠の1番呉昇勲(右から二人目)=佐賀市のみどりの森県営球場

 ○…1―1で迎えた七回、2死二塁。一打サヨナラの場面。前打席で好機を逸していた1番呉昇勲(お・すんふん)は、「アウトでもいいからフルスイング」と決め、外角直球を叩いた。打球は左翼線へ一直線に抜け、二走・中村陸人を迎え入れた。

 悲願の初優勝。呉は拳を握って歓喜に沸く仲間の輪に駆け寄った。「最高だった」。五回、2死二、三塁の好機でも打席に立ち、8球粘りながらも高めの速球に吊られ、空振り三振に沈んだ。「悔しかった。次こそはという気持ちもあった」。結果を残した呉は、投げても二回途中から登板し、2安打無失点と攻守で活躍した。

 もう一人の2年生中村は、1点を追う七回2死三塁の好機に「食らいついて意地でも打つ」と、狙い球の直球を振り抜き、土壇場で振り出しに戻した。光野慎哉監督は「そろそろやってくれると思っていた」と期待に応えた二人をねぎらった。

 九州大会でもチーム一丸となり上を目指す。呉は「先輩に迷惑を掛けないようにしたい」と、興奮を抑えながら控えめに誓った。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加