国際宇宙ステーションで14カ月熟成した「ペトリュス2000」=パリ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】競売大手クリスティーズは6日までに、国際宇宙ステーション(ISS)で14カ月熟成したフランス・ボルドー産の赤ワイン「ペトリュス2000」を直接交渉によるプライベートセール方式で発売したと発表した。米メディアによると、ボトル1本の売却価格は推定100万ドル(約1億900万円)。

 英BBC放送によるとペトリュス2000の通常の価格は約6千ドル。

 2019年11月、無人補給機シグナスでISSに送られたボトル12本のうちの1本で今年1月14日に帰還。3月にボルドーで実施された分析では「色や香り、味の成分に顕著な違いが認められた」としている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加