鳥栖-札幌 ゴール前で競り合うFWオフォエドゥ(中央)ら鳥栖の選手たち=札幌市の札幌ドーム

 Jリーグ・YBCルヴァンカップ1次リーグ第5節は5日、北海道の札幌ドームなどで8試合があり、A組最下位のサガン鳥栖は、同2位の北海道コンサドーレ札幌と対戦。1―2で敗れ、グループステージ敗退が決まった。通算成績は1分け4敗(勝ち点1)。

 A組は鹿島と札幌が、1次リーグを突破。D組の横浜Mも準々決勝の出場を懸けたプレーオフへの進出を決めた。鹿島は福岡と1―1、横浜Mも広島と1―1。清水は仙台に快勝。C組は横浜FC―湘南が引き分け、横浜FCの三浦は大会最年長出場記録を更新した。柏―浦和は3―3、B組は既に突破を決めているFC東京が神戸と、大分が徳島と引き分けた

 鳥栖は19日午後7時から福岡市のベスト電器スタジアムなどで行われる、1次リーグ最終節で3位のアビスパ福岡と対戦。リーグ公式戦第13節第1日は8日午後2時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムなどであり、鳥栖は8位のサンフレッチェ広島と戦う。

このエントリーをはてなブックマークに追加