グーグルが提供している「Googleフォト」の「高画質」画像の無料・無制限バックアップサービスが5月末に終了します。スマホで撮影した画像をバックアップしている方は要注意です。現在は、Googleドライブの容量とは別ですが、6月以降はGmailなどの他のサービスと合わせてカウントされるようになります。つまり、Googleドライブの無料制限15GBに含まれるということです。

 現段階で既にオーバー保存されているデータに関してはそのまま保持されるようですが、昨年12月に発表された方針によると「GoogleフォトやGmail、Googleドライブを2年間使っていないアカウントや、保存容量を超過しているまま使い続けているアカウントの保存データを削除する」としています。オーバーしているデータは他のアカウントに移動するか、有料契約を検討したほうがよさそうです。有料版の「Google One」は容量に応じて6段階のプランが用意されており、家族5人まで共有することができます。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加