西日本高速道路(NEXCO西日本)は6日、4月28日~5月5日のゴールデンウイーク(GW)中の高速道路の利用状況を発表した。佐賀県内では、長崎自動車道の佐賀大和インターチェンジ(IC)―小城スマートICの一日平均の交通量が25400台で、5キロ以上の渋滞は発生しなかった。

 新型コロナ禍前の2019年のGW(52600台)と比べると約52%減少した。一方、全国に緊急事態宣言が発令されていた昨年(11400台)からは約2・23倍となった。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加