基山町宮浦で地域再生や里山保全に取り組む一般社団法人「結なおし」が、休耕田のレンゲから採れたハチミツを販売している。維持管理する中山間地の田を養蜂業者に仲介し、作ったハチミツで、代表理事の成冨由久さん(76)は「中山間地を守るためのモデルケースになれば」と話す。