韓国の鄭義溶外相(左)との会談に臨む茂木外相=5日、ロンドン(外務省提供・共同)

 茂木敏充外相は英ロンドンで5日午前(日本時間同日夕)、韓国の鄭義溶外相と約20分間会談した。2月に就任した鄭氏との会談は初めて。冷え込みが続く日韓関係を修復する道を探ったものの、元慰安婦や元徴用工問題では平行線に終わった。両外相は、北朝鮮への対応や地域の安定には日韓や日米韓3カ国の協力が重要だと確認。日韓を健全な関係に戻すため、外交当局間の意思疎通を続ける方針で一致した。

 日韓関係を巡り、1月に韓国の裁判所が日本政府に元慰安婦への賠償を命じ、日本側は国際法違反だとして猛反発。2月に鄭氏が外相に就任しても、茂木氏との電話会談も行われない状況が続いていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加