熊本県は4日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、荒尾市など県北部の2市4町で酒類を提供する飲食店などに午後9時までの営業時間短縮を要請することを決めた。期間は6日から19日まで。隣接する福岡県が飲食店の時短要請の対象を全県に拡大したことに伴う対応。

 熊本県によると、要請対象は約500店舗。従った場合は、店の規模に応じて2万5千~20万円の協力金を支払う。

このエントリーをはてなブックマークに追加