森友学園に関する決裁文書改ざん問題で、自殺した財務省近畿財務局の元職員が改ざんの過程を書き残したとされる文書「赤木ファイル」の存在を国側が認める方針を固めたことが5日、関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加