第49回佐賀県中学生女子ソフトボール選手権大会(佐賀新聞社・県ソフトボール協会主催)は4日、伊万里市の伊万里湾大橋球技場で準決勝までがあり、鹿島西部と鹿島東部が決勝に進んだ。

 鹿島西部は初回、3番白仁田綾音の本塁打を足掛かりに打者一巡の猛攻で11点を奪い、粘る武雄との点の取り合いを14-9で逃げ切った。鹿島東部は先発岩永心暖が力投。敵失を絡めながら単打でつなぎ、神埼を4-1で下した。

 最終日は5日、同球技場で午後1時(開始時刻変更)から決勝戦を行う。(西浦福紗)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加