男児2人が溺れた池の桟橋付近で現場検証をする警察関係者ら=4日午後3時22分、多久市中央公

 4日午前11時5分ごろ、多久市北多久町小侍の池で「子どもが数人おぼれている」と119番があった。おぼれていたのは伊万里市内の5歳男児2人で、佐賀市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。小城署は2人の死因は溺死と発表した。

 小城署や多久消防署によると、現場の池は多久市中央公園の一帯にあり、深いところで5~6メートルある。

 男児2人は県内の同じ保育園に通い、友人同士だった。4日は、池の近くの多久市野球場で少年野球の試合があり、2人は出場しているきょうだいを応援するため保護者と一緒に訪れていた。

 姿が見えなくなった2人を保護者が捜していたところ、1人が池の中央付近に浮かんでおり、父親が泳いで救助した。もう1人は、岸近くの約3メートルの底に沈んでいるのを消防の潜水隊が見つけた。2人とも意識がなく、ドクターヘリで搬送された。近くに居合わせた男性が通報した。(取材班)

このエントリーをはてなブックマークに追加