人工知能(AI)が、データからスポーツ戦略を導き出すシステムが注目されている。サッカーでは成功率が高いパスコースを、野球では失点しない確率が高い配球をそれぞれ教えてくれる。AIはプロスポーツ選手が厳しい練習の末に身に付けた勘や経験を超えることができるのか。

 昨年9月、J1大分―横浜FC戦の前半37分20秒。大分の守備選手からのパスが前線の攻撃選手に渡った。AIは瞬時に次に選択できるパスコースを三つ提示。この中の一つに選手はパスを出し、得点につながった。これが決勝点となり大分は1ー0で勝利した。

 スポーツデータの分析を手掛けるJリーグのサポーティングカンパニー「データスタジアム」(東京)がシステムを開発した。サッカー用の「ピッチブレイン」は、試合の動画や選手の位置情報をAIが分析し、プレー中の全22選手の動きを三角印で表示。どの選手に次にパスを出すことができるか判断し、コースを提示する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加