佐賀県内の小学6年生を対象とする企画「ボクの夢私の夢」で、2020年度に掲載した08年度生まれの子どもたち7851人のうち、最も多い名前は前年度に続き「大翔」だった。一方、読みでは「ゆうき」と「ゆうと」が同率1位となった。

 「大翔」は「翔」を「と」と読ませる名前のほか、飛翔のイメージから「そら」「つばさ」といった読みも見られた。2位は前年度4位、18年度1位だった「葵」。昨年度同率1位だった「蓮」は3位にランクインした。「優奈」は前年度26位から6位へと大幅ランクアップ。同率8位の「蒼空」と「凜」は前年度も同率14位という不思議なシンクロを見せた。10位にはトップ50で唯一のひらがな表記「さくら」が入った。

 

2008年の出来事

 2008年は北京五輪が開催され、競泳の北島康介選手や女子ソフトボールが金メダルを獲得するなど日本勢が活躍した。また米国の不動産バブル崩壊に端を発する金融大手破たんが世界同時不況を招いたリーマン・ショックの年でもあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加