3日午後4時35分ごろ、佐賀市金立町の金立山(標高501・8メートル)で、福岡県久留米市の30代女性が「道に迷って下山できなくなっている」と、金立教育キャンプ場から119番通報があった。

 女性からの電話を受けたキャンプ場の職員が通報した。佐賀広域消防局を通じて佐賀北署が受理し、消防と警察合わせて48人と、福岡県の消防ヘリ1機で捜索した。約1時間20分後に山の中腹で発見した。

 女性は金立神社上宮に行くため、同日正午から登り始めた。午後3時半ごろから下山したが、途中で道に迷ったという。けがはなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加