佐賀バルーナーズ―ライジングゼファー福岡 第1クオーター、3点シュートを決める佐賀バルーナーズの小松秀平=福岡県飯塚市の飯塚第1体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズは公式リーグ戦第28節最終日の3日、福岡県の飯塚第1体育館でライジングゼファー福岡と対戦し、87―98で惜敗し、今季最終戦を黒星で終えた。成績は30勝26敗で西地区3位。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター終盤、SG小松秀平の2連続3点シュートで逆転し、29―23とすると、第2クオーターはPF中西良太らのシュートで54―46とし、リードのまま折り返した。 第3クオーターは八つのターンオーバーを出し、残り3分59秒で逆転。70―75で迎えた最終第4クオーターは、一時同点にするなど食い下がったが、終盤に連続失点を喫し振り切られた。

 1部(B1)昇格を懸けた東、西地区8チームによるプレーオフ(PO=2戦先勝トーナメント方式)は7日に開幕。PO出場順位6位の佐賀バルーナーズは8日、茨城県のアダストリアみとアリーナで、同3位の茨城ロボッツと1回戦の1戦目に挑む。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加