JA伊万里有田出張所で行われたテープカット=4月26日、有田町本町

 有田町本町のJR有田駅前に駅前活性化の切り札としてJA伊万里有田出張所がリニューアルオープンした。昨年2月に、老朽化と耐震化のためにいったん建物は解体されていた。このほど新築工事が終わり、竣工式が行なわれた。

 木造平屋建てで、延べ床面積は138・9平方メートル。業務内容は信用事業(金融・共済業務)にATM(現金自動預払機)が併設されている。施主あいさつで田代直樹組合長は「有田地域の活性化のために活用してほしい。駅前の一等地で、有田の情報発信として利用してください」と述べた。

 建物のエントランスは、駅側に向けて屋根が包むように開放的に設計されている。旧曲川支所では地産販売所が「新鮮・安心ありたの郷」として衣替えし、月曜から金曜の午前中、朝採れ野菜などが販売されている。コロナ禍を何とか乗り切ってほしい。

 (地域リポーター・藤泰治=有田町)

このエントリーをはてなブックマークに追加