一番茶が入った茶つぼを馬場信禎宮司(右)に奉納する山口満夫会長=嬉野市の豊玉姫神社

 新茶の収穫最盛期に当たる八十八夜に合わせ、新茶を奉納する「献茶祭」が1日、嬉野市嬉野町の豊玉姫神社で開かれた。茶業関係者ら約30人が出席、豊作と茶業振興を願った。

 生産団体や茶商などの関係団体でつくる「うれしの茶活性化委員会」が開いた。山口満夫会長ら4人が、茶つぼや茶箱に入れた一番茶を奉納。JAさがみどり地区茶業部会の三根孝一部会長が「今年はここ数年で最高の新茶が収穫された。5月に入り生産も終盤に入ってくるが、精一杯努力しておいしいお茶を生産したい」と今年の生産状況を説明した。

 式の前後には新茶を味わって、出来の良さを再確認した。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加