野菜や果物をもらって喜ぶ大里保育園の園児=伊万里市二里町

 伊万里市二里町にあるJA伊万里の直売所「四季の館」と生産者グループは22日、同町の大里保育園(稗田清美園長、86人)に、地産地消への協力のお礼として野菜や果物を贈った。

 同園は「給食には安全安心で新鮮な食材を使いたい」と、青果物のほとんどを四季の館から買い入れ使っている。取り引きをして10年になり、四季の館と生産者グループの方から「長年のご愛顧への感謝を示したい」と申し出があった。

 園には取れたての青果のほかに遊具も届けられ、園児たちは喜んでいた。グループ代表の吉田喜美子さん(69)は「地元の食材を子どもたちが毎日食べてくれるのは、生産者にとって励みになる」と話した。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加