力強く選手宣誓する川上小クの鳥谷理仁主将=佐賀市のみどりの森県営球場

 組み合わせ抽選会では、昨年優勝の川上小ク(佐賀市)の鳥谷理仁(りひと)主将が選手宣誓。コロナ禍での大会開催に感謝しつつ「最後まであきらめず白球を追う」と力強く語った。

 監督やコーチとともに考えた宣誓。昨年、コロナ禍で活動が制限され、悔しい思いをした先輩たちを気遣う内容も盛り込み「今大会を最高のものにする」と結んだ。

 1番や3番打者として打線を引っ張る5年生は「宣誓中、緊張で帽子を取るのを忘れたので93点」と笑いながら「ソフトバンクの柳田選手のように本塁打を打ちたい」と頼もしかった。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加