鳥栖-徳島 後半30分、ゴール前の混戦から追加点を決める鳥栖MF仙頭啓矢=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・山田宏一郎)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ公式戦第12節第1日の1日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで徳島ヴォルティスと対戦。鳥栖は後半、FW山下の先制点と、MF仙頭のJ1初ゴールで2―0とし、今季6度目の完封勝利を収めた。鳥栖は今季タイの3連勝で、昨季の勝利数を上回った。通算成績は8勝2分け3敗(勝ち点26)で3位を守った。

 仙台は西村のゴールで柏を1―0で破り、今季初勝利を挙げた。昨季1勝もできなかったホームで21試合ぶりの白星。横浜MはオナイウのハットトリックでFC東京に完勝して10戦負けなしの3連勝。FC東京は4連敗となった。福岡は浦和に2―0で快勝し、J1では2000年以来の3連勝。神戸は古橋の2得点などで広島に3―0で勝った。

 リーグ公式戦第13節は8、9日にあり、鳥栖は8日午後2時から同スタジアムでサンフレッチェ広島と対戦。5日にはYBCルヴァン・カップ第5節があり、A組最下位の鳥栖は、午後2時から札幌ドームで2位の北海道コンサドーレ札幌と戦う。

このエントリーをはてなブックマークに追加