佐賀大医学部附属病院は、一般外来の初診の受け付けをかかりつけ医の紹介状持参した人に限っている。新型コロナウイルスの感染が佐賀県内でも急拡大していることに対応した措置で、解除時期は感染状況を見極めて判断する。

 附属病院は新型コロナの重症患者の診療を担当しており、一般外来の診療を4月28日から制限している。初診の患者の多くは紹介状を持参しており、診療はこれまで通り実施する。

 問い合わせは附属病院メディカルサポートセンター、電話0952(34)3149。(石黒孝)

このエントリーをはてなブックマークに追加