佐賀南署は30日、暴力団対策法に基づき、佐賀市の指定暴力団神戸山口組系組員の男(52)に対し、不当な方法で金品などを要求しないよう中止命令を出した。

 同署によると、組員は2月下旬から3月下旬にかけて、県内の30代男性に対して、自宅に呼んだり電話を掛けたりして、男性の母親の借金返済について「来月までに払わんとヤクザに入れるぞ」など言い、現金を脅し取ろうとした。

 同署は4月14日に恐喝未遂の疑いで男を逮捕、男は同30日に処分保留で釈放された。

このエントリーをはてなブックマークに追加