みなさんは、自転車に乗りますか? 自転車はとても便利な乗り物ですね。でも、知っていますか? 自転車は「車」の仲間なので、車と同じように交通ルールがあります。
 まず、自転車は、左側通行です。小学生のみなさんは歩道も通ることができますが、歩道を通るときは歩いている人のじゃまをしてはいけません。
 また、道路に立っている「標識(ひょうしき)」をよく見てください。「止まれ」と書かれた赤色の三角の標識の意味を知っていますか? この標識は、一時停止といって交通事故(じこ)にあいやすい、見えにくい交差点にあります。この標識がある交差点では、一度止まってから、右・左を見て、車や自転車、歩いている人が来ていないか確(たし)かめてから進みましょう。
 自転車で交通事故にあえば、けがをしたり、命を落とすこともあります。
 自転車に乗る前には、ブレーキがきくのか、ライトがつくのか、きちんと点検(てんけん)を行い、ヘルメットをかぶって自転車に乗りましょう。
 今日、紹介(しょうかい)したのは交通ルールのほんの一部です。お父さんやお母さんからもいろいろな交通ルールを教えてもらって、交通事故にあわないようにしてください。
(県警察本部交通企画課 渡辺知伸)

このエントリーをはてなブックマークに追加