アップルは、失くしやすい財布やカギなどに付ける紛失防止タグ「AirTag(エアタグ)」を4月30日に発売すると発表しました。iPhoneなどの「探す」アプリを使って音を鳴らすことで素早く見つけ出すことができます。大きさはコインサイズで耐水、防じん性能を備えているので別売りのキーリングと組み合わせると使いやすいようです。

 お手持ちのiPhoneを近づけるだけでペアリングは完了します。通信はBluetoothを使い暗号化して行われるため、第三者がそれを追跡することはできないとのこと。Bluetooth通信は狭い範囲に限られるため、部屋の中での探し物をする時には助かります。

 また、落ちているAirTagを見つけた時は、スマートフォンを近づけると特設サイトへアクセスし、紛失したことを知らせるメッセージや連絡先を見ることができるようです。

 物は小さいのですが、今後スマートフォンと連動することで使い道は無限に広がりそうですね。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加